樹状細胞ワクチン療法


LINE

がんだけを狙い撃つ最先端のがん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」を提供しています。

私たちの体内では1日に約5,000個の細胞が"がん化"しており、この脅威に常にさらされています。
しかし、私たちは皆ががんになるわけではありません。それは風邪のときと同様に、私たちの体に生まれつき備わっている免疫力によって、がん細胞を排除する仕組みがきちんと働いているからです。

樹状細胞ワクチン療法とは

樹状細胞ワクチン療法は、患者様ご自身の免疫力を活かし、がんだけを狙って攻撃する治療法です。そのため、正常な細胞を傷つけることがほとんどなく、副作用が少ないと言われています。

手術、抗がん剤、放射線治療などの標準治療と組み合わせることで、相乗効果が期待できます。
また、「活性化自己リンパ球療法」と組み合わせることもできます。

樹状細胞ワクチン療法のしくみ

免疫細胞の一つである樹状細胞は、がん細胞を食べることでがんの“目印”を認識し、リンパ球にその“目印”を教え、がん細胞を攻撃するよう指令を出す司令官の役割を果たします。
樹状細胞ワクチン療法は、まず患者様の血液中から、樹状細胞のもとになる細胞(単球)を取り出し、体の外で大量の樹状細胞を作製します。その樹状細胞にがんの“目印”を取り込ませて体の中に戻し、リンパ球に“目印”を教え、その“目印”を持ったがん細胞を攻撃するよう指令を出すことで、リンパ球ががんだけを狙って攻撃するという最先端のがん治療です。


樹状細胞ワクチン療法の特長


人工抗原 樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞に取り込ませるがんの目印としては、人工抗原(人工的に作られたがんの目印)を使います。人工抗原としては、ほぼすべてのがんに対して使用できる「WT1ペプチド」。人工抗原を使用することで、ご自身のがん組織がなくても治療を受けていただく事が可能です。
ただし、使用する人工抗原によっては、白血球の型(HLA)が適合することが条件となります。

ほぼ全てのがんに対応できる人工抗原 WT1ペプチド

樹状細胞ワクチン療法で最も重要なことは、がん抗原に何を使うかです。多くのがん抗原が見つかっていますが、その中でも注目を集めているがん抗原が「WT1」です。2009年には、WT1は米国の学会誌において75種類の人工抗原のうち、「がんワクチンに用いる優先度が高い抗原」として1位に選ばれています(※1)。
WT1は、ほとんどのがんの種類に存在しているとされており、この一部である「WT1ペプチド」を使うことにより、ほぼすべてのがんを対象として樹状細胞ワクチン療法を行うことができます。
また 当院が技術提供を受けるテラ株式会社は、WT1ペプチドの樹状細胞ワクチン療法への応用に関する独占実施権を保有しています。テラ株式会社と契約している医療機関でのみ、WT1ペプチドを使用した樹状細胞ワクチン療法を受けることができます。

※1 Cheever MA,et al,Clin Cancer Res 2009;15:5323-5337.


樹状細胞ワクチン療法の治療実績

当クリニックが樹状細胞ワクチン療法の技術提供を受けているテラ株式会社の契約医療機関では、合計で約7,900症例の治療実績があります(2014年3月末現在)。

また樹状細胞ワクチン療法は世界中で研究が行われ、がんに対する治療成績が報告されています。日本でもさまざまな臨床試験が行われており、がんの縮小、進行の停止といった腫瘍に対する反応が認められたことが報告されています※2。

※2
Nagayama H. et al., Melanoma Res. Vol.13, Number 5 2003;521-30., Kuwabara K. et al., Thyroid. Vol.17, Number 1 2007; 53-8.

治療の流れ

※樹状細胞ワクチン療法は、白山通りクリニックでのみ治療可能です。

1.医療相談(有料:10,000円+税)
樹状細胞ワクチン療法について医師から詳しく説明し、患者様のご容体に合わせた治療方針を相談します。
※医療相談は完全予約制となりますので、電話にてお問い合わせください。

2. 治療前の検査
樹状細胞ワクチン療法を受けられるかどうか、血液検査、画像検査などをもとに判断します。

3.成分採血(アフェレーシス)
樹状細胞のもとになる、“単球”という細胞を大量に取り出すために、成分採血を行います。2~3時間かけて血液の中の単球を含む必要な成分だけを取り出し、それ以外は体内に戻します。この採血は特殊な機器が必要となるため、「セレンクリニック東京」にて行います。

4. 樹状細胞ワクチンの作製
成分採血で取り出した単球を、厳重に管理されたクリーンルーム(細胞加工施設)で培養します。単球を樹状細胞に育て、人工抗原を取り込ませることで、がんの“目印”を認識した、成熟した樹状細胞に育て上げ、ワクチンを作製します。

5. 樹状細胞ワクチンの投与
樹状細胞ワクチンを、2~3週間に1回のペースで5~7回(1セット)、皮内注射により投与します。

6. 治療効果の評価
1セットの治療終了後に、血液検査、画像検査、免疫機能検査などを行い、治療効果を評価します。それらをもとに、それ以降の治療方針なども患者様と医師で相談します。

費用について

患者様のお体の状態にあわせて治療プランを設計します。
樹状細胞ワクチン療法は、自由診療のため治療費は自己負担となりますが、所得税の還付が受けられる医療費控除の対象となります。 詳しくはお近くの税務署までお問い合わせください。

当クリニックでの樹状細胞ワクチン療法は、自由診療保健MEDCOMの給付対象となります。
MEDCOMご加入の患者様で、樹状細胞ワクチン療法をご検討中の方は、お問い合わせください。
もちろん従来通り、活性化自己リンパ球療法もMEDCOMの対象となります。

自由診療保険 MEDCOM


LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック