高濃度ビタミンC点滴療法


LINE

「高濃度ビタミンC点滴療法」のご案内

がんに対するビタミンCの主なはたらき

がんに対するビタミンCの主なはたらき

こんな方におすすめしています

・標準治療(*)が無効または適応がない方

・標準治療(*)の効果を高めたい方

・標準治療(*)の副作用を軽減したい方

・良好な体調を維持しながら寛解期を延長させたい方

*標準治療 =手術、化学療法、放射線治療など

ビタミンCは、がん細胞に対してだけ働きます

ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮します。
その際、大量の過酸化水素が発生します。

ビタミンCが血中に投与され過酸化水素が発生すると・・・
正常細胞 ⇒過酸化水素を中和することができます
がん細胞 ⇒過酸化水素を中和できずに死んでしまいます

高濃度ビタミンC点滴療法は、この特徴を利用した治療法で、手術後の再発防止、新たな補助療法として、米国国立ガン研究所(NCI)、米国・国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている最先端のがん治療法です。
また、重篤な副作用はなく、患者様にやさしい治療法です。

当クリニックの「高濃度ビタミンC点滴療法」

点滴1回の点滴量は300~750mlで、 1~2時間かけて静脈に点滴します。
ビタミンCは 12.5g → 25g → 50g → 75g と量を増やしていきます。
(※患者様の症状や状態により、ビタミンCの量を調整いたします。)
点滴溶液にはビタミンCの他に、強力ミノファーゲンシー、マグネシウムを配合し、機能を高めています。


単独投与でも効果的に働きますが、標準治療や免疫療法と併用するとさらに効果的です。

●標準治療と併用
標準治療の副作用を減少させてQOLを高めたり、免疫力を維持する効果が期待できます。

●当クリニックの「活性化リンパ球療法」と併用
リンパ球やインターフェロンが活性化され、効果をより高めることができると考えます。

※「高濃度ビタミンC点滴療法」は代替医療です。
既に効果が実証されている抗がん剤に代わるものではありませんので、ご注意ください。

※以下の方は「高濃度ビタミンC点滴療法」を受けることができません。
・腎臓機能の低下した方
・栄養状態の悪い方
・脱水症状の方
・透析中の方
・G6PD異常症の方 (溶血性貧血発作の危険があります)

治療スケジュール例

経験ある医師が病状に合わせてビタミンCの量、回数など治療計画を立てます。

単独治療の一例
週に1~2回の点滴を行い、3ヶ月間でその効果を確認します。
効果が見られれば、更に治療計画を立てます。

リンパ球治療との併用の一例
リンパ球治療の計画と調整しながら決定します。
例えば、隔週でリンパ球治療を行う場合は、ビタミンC治療はリンパ球治療を行わない週に隔週で行います。

治療料金一覧

保険外診療(自費診療)のため、治療費は全額自己負担となります。

  内容 料金 備考
1 初診時料金(治療開始時) 18,000円+税 内訳
・相談料金 10,000円+税
・初回検査料、検査判断料
 8,000円+税
 (一般検査、腫瘍マーカー)
2 G6PD異常症スクリーニング
検査料金
20,000円+税 治療開始時に1回のみ行う検査です
3 超高濃度ビタミンC点滴治療料金 15,000円~24,000円
+税
点滴量(12.5g~75g)により異なります
4 一般検査・腫瘍マーカー検査料金 8,000円+税 治療中に月に1回行う検査です

※当院の「活性化リンパ球療法」と併用される場合
「 1.初診時料金 」と「 4.一般検査・腫瘍マーカー検査料金 」は
「活性化リンパ球療法」の料金に含まれます。



海外にお住まいで、当クリニックでの治療をご検討されている方はお問い合わせ下さい。
電 話 : 03-5157-2020  受付時間:月~金/9:00-17:30(祝日を除く)
メール : http://www.hakusan-s.jp/otoiawase/



お問い合わせ・予約方法

電話またはメールにて対応させていただいております

お問い合わせ・資料請求
ご予約

来院について

診察ご予約時間の10分程前にご来院ください。 (診察の前に問診表のご記入がございます。)
お車でご来院される場合は、事前にお知らせください。

アクセスはこちら


LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック