よくあるご質問

LINE

  • 活性化リンパ球療法について
  • 白山通りクリニックについて
  • 治療について
  • 治療費用について

治療について

治療の流れについて教えてください
流れは以下のようになります。
治療の流れ

治療に適したタイミングはいつですか?
手術を受けられる方は、手術後のがんが切除されたタイミングで、再発・転移予防のために活性化リンパ球療法を受けることをお勧めします。
抗がん剤や放射線治療を受けられる方は、治療中でも活性化リンパ球療法を受けることはできますが、治療が進まない早い時期から、活性化リンパ球療法を始めることをお勧めします。
なお、いずれの場合も、手術や抗がん剤、放射線治療が始まる前に採血だけでもされることをお勧めします。
手術や抗がん剤、放射線治療を行いますと、その負担で免疫力が低下し、培養するリンパ球の状態に影響が出ることがあります。
当クリニックではリンパ球の凍結保管技術がありますので、これらの治療前に採血をして、元気なリンパ球を保管することをお勧めします。

入院は必要ですか?
入院の必要はありません。通院だけで大丈夫です。

初診までの手順を教えてください
⇒  手順フローはこちらです
現在おかかりの主治医の資料を参考にさせていただきますので、主治医に相談して紹介状(診療情報提供書)をご用意ください。病理検査、画像診断、内視鏡検査、血液検査等の検査結果、その他画像などがある場合は、それらも参考になります。
もし、これらの資料が主治医から入手できない場合は、ご自分でこれまでの経過をまとめたものをご用意ください。

当クリニックは完全予約制となります。ご予約はお電話またはメールでお願いいたします。
お電話 03-5157-2020  受付時間 月~金/9:00-17:30(祝日を除く)
メール http://www.hakusan-s.jp/clinic/yoyaku/

初診時にすることは何ですか?かかる時間はどのくらいですか?
ご持参いただいた資料をもとに問診を中心とした診察を行います。
診察は医師との相談内容にもよりますが、1時間程度です。
治療を開始する場合は、採血および治療に関わる書類作成があります。これらが30分~1時間かかります。
その後、リンパ球培養に2週間程度かかりますので、治療開始は採血後少なくとも2週間後となります。

治療はすぐに受けられますか?
当クリニックは完全予約制です。
ご希望の日程に空きがあれば、すぐにでもご予約はお取りできます。
そして医師の診察で治療の適応と判断され、また、患者様のご希望があればすぐに採血いたします。
その後、リンパ球培養に2週間程度かかりますので、治療開始は採血後少なくとも15日後となります。

治療はどういった方法ですか?かかる時間はどのくらいですか?
約200mlの活性化リンパ球調製液を、約1時間かけて点滴で投与します。

苦痛はありますか?
採血や点滴の際に針を刺す痛みと、投与中は1時間程度、腕を動かせない不自由さがあります。
ただ、個室での投与となりますので、大抵の方はテレビをご覧になったり、雑誌を読まれたり、ご家族とご歓談されたりして寛いでおられます。

治療回数と治療期間はどのくらいですか?
治療の回数と期間につきましては、患者様の病状や希望を考慮し、医師と相談の上、決定いたします。
よくご提案させていただくパターンは、12回投与を1クールとして、3~12か月の間で組み立てるパターンです。

⇒  治療スケジュールの例はこちらです


採血は毎回行いますか?
いいえ。
1回の採血で数回分の投与が可能ですので、採血を毎回行う必要はありません。
(※ただし、最初は増殖が悪い場合もありますので、その際には必要に応じて採血をお願いする場合もございます)
なお、手術や抗がん剤・放射線治療前に予め採血しておき、活性化リンパ球療法を行うこともできます。

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)の治療中でも採血出来ますか?
はい。
ただし、治療をご希望の場合は、出来れば標準治療が始まる前に、採血だけでもしておくことをお勧めしています。
標準治療を行いますと、培養するリンパ球の状態に影響が出ることがあります。
当クリニックではリンパ球の凍結保管技術がありますので、標準治療前に採血をして、元気なリンパ球を保管することをお勧めします。リンパ球を保管しておきますと、活性化リンパ球療法を計画的に受けることができます。保管は基本的にいつまででも可能です。
(※ただし、リンパ球保管後、3ヶ月以内に投与の予定がない方は、短期凍結保管料として別途30,000円(1年間当たり)必要です。)

主治医の同意が必要ですか?紹介状は必要ですか?
必ず紹介状が必要というわけではありません。
ただ、現在おかかりの医療機関の資料がある方が望ましいので、出来ましたら主治医に相談して紹介状(診療情報提供書)をご用意ください。病理検査、画像診断、内視鏡検査、血液検査等の検査結果、その他画像などがある場合は、それらも参考になります。
なお、紹介状や資料の準備が困難な場合は、これまでの経過をまとめたものをご用意ください。患者さんご自身あるいはご家族の方が書いたもので構いません。

主治医の同意が得られない時はどうしたら良いですか?
主治医と相談しながら治療することが望ましいのですが、連携が取れない場合も想定できます。 活性化リンパ球療法は、標準治療(手術・抗がん剤・放射線)のスケジュールを変えることなく、併用して行うことができます。 主治医の同意が得られない場合はお問い合わせください。
お問い合わせはお電話またはメールでお願いいたします。
お電話 03-5157-2020  受付時間 月~金/9:00-17:30(祝日を除く)
メール http://www.hakusan-s.jp/clinic/yoyaku/ 

LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック