よくあるご質問

LINE

よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。

  • 活性化リンパ球療法について
  • 白山通りクリニックについて
  • 治療について
  • 治療費用について

活性化リンパ球療法について

活性化リンパ球療法って何ですか?
活性化リンパ球療法はがんに対する免疫細胞療法の一つで、患者様本人のリンパ球(主にT細胞)を活性化、増殖させて治療に用います。
体内では、このT細胞を中心としたリンパ球ががん細胞と戦っています。活性化リンパ球療法は、このリンパ球の働きに注目し開発された治療法です。

患者様本人の血液(約30ml)からリンパ球を分離し、約1000倍に活性化増殖させたリンパ球を点滴で約1時間かけて体内に戻す治療法で、 (1)がんの再発予防、(2)がんの進行防止、(3)QOLの改善※ が期待できます。

※QOL(Quality Of Life:生活の質)の改善とは、患者様の体調が上向くことで生活の質が良くなることを指します。活性化リンパ球療法により、気力がわいてきた、食欲が回復した、倦怠感がなくなった、といった改善効果が認められます。

がん治療において、手術後の再発予防、進行がん、転移・再発がんなどには、抗がん剤を使った治療が多く行われます。しかし、抗がん剤はその作用メカニズムから正常な細胞にも影響を与え、結果として副作用に苦しむ場合があります。
活性化リンパ球療法は、患者様本人のリンパ球を使用する治療ですから、抗がん剤のような副作用はほとんどありません。また、抗がん剤と併用すれば、活性化リンパ球療法の治療効果以外に、抗がん剤の副作用を軽減させる効果、さらにはお互いが協力してがん細胞を攻撃する相乗効果が期待できます。放射線治療と併用する場合も、同じような効果が期待できます。

白山通りクリニックの活性化リンパ球療法は、開発者である株式会社リンフォテック取締役会長の関根暉彬博士(元国立がんセンター研究所共同実験室長)から引き継いだ技術を用いています。
関根博士は、日本大学医学部の高山忠利博士とともに、この治療法が肝臓がんの術後再発予防に効果があることを証明しました。その論文が世界的医学雑誌である Lancet に掲載され、免疫細胞療法では世界で初めて臨床効果が認められました。臨床効果が世界で認められた免疫細胞療法は、現在でも、当クリニックの関根博士の技術を用いた活性化リンパ球療法のみです。
そして当クリニックでは、現在でも関根博士より直接技術指導を受けており、その後新しい技術も取り入れて治療にあたっています。

⇒  詳しくはこちらです


リンパ球?T細胞?NK細胞?って何ですか?
リンパ球とは白血球の一種で、体の免疫反応に関わる細胞です。大きくT細胞、NK細胞、B細胞に分類されますが、その中でもがん細胞を直接攻撃する細胞はT細胞、NK細胞です。
T細胞は主にリンパ節や組織で働き、体内に発生した異常細胞や体内へ侵入した外敵を排除する働きがある細胞です。NK細胞は主に血管内で働き、侵入してきた外敵を排除する働きがある細胞です。
当クリニックの活性化リンパ球療法はがんに対する免疫細胞療法の一つで、このT細胞を約1000倍に活性化増殖させて治療に用います。

対象となるがん種は何ですか?
血液がん(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)を除いた全てのがんを対象として治療を行っています。
ただし、がんの進行程度や今まで受けられた治療法、現在使用しているお薬、合併症などの状況を見て判断する必要があります。まずは当クリニック医師との治療相談を受けられることをお勧め致します。

効果はありますか?
(1)がんの再発予防、(2)がんの進行防止、(3)QOLの改善 が期待できます。

活性化リンパ球療法には、体に備わるがんに対する免疫力を増強させ、目に見えにくい小さながんの増殖を抑える効果があります。がんの手術を受けた患者様で、一番怖いのはがんの再発です。手術後に活性化リンパ球療法を受けて目に見えないがんの増殖を抑え、がんの再発を防止することが最も効果的ながん治療であると考えられます。
一方、進行がんや転移・再発がんで抗がん剤や放射線治療を行う場合は、これらの副作用で体の免疫力は低下します。当然がんに対する免疫力も低下し、その増強が必要となります。活性化リンパ球療法には、この低下した免疫力を増強させ、がんに対する免疫力を改善させる効果があります。さらには、お互いの治療が協力してがん細胞を攻撃する相乗効果が期待できます。 さらに、体調が上向いてきた、気力がわいてきた、食欲が回復した、倦怠感がなくなった…といった自覚症状の改善がよくみられ、QOLの改善も期待できます。

免疫療法の場合、治療効果を測る尺度は確立されていないのが現状ですでしょうか?▲▲▲ -->
アレルギーがあっても大丈夫ですか?
アレルギーには様々な要因がありますので、一概には申し上げられません。
医師が患者様の状況を確認させていただいた上での判断になります。

LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック