形態画像検査

LINE

形態画像検査とは

形態画像検査は、腫瘍マーカー検査と併用されることが多く、様々な角度から臓器の「がん」細胞を発見していく検査です。特にPET検査などは、腫瘍マーカー検査等他の検査と併用する事により臓器への再発・転移などが早期に発見でき定期的な検査には、欠かせません。

PET検査

ブドウ糖を大量に摂取するがん細胞の特性を活かし、腫瘍を発見する検査です。一度で全身の検査が行えるほか、痛みや不快感を伴うことなく、小さな「がん」も発見することができます。

PET検査詳細

CT検査

主に眼窩(眉の下)から体幹部までの検査に適しています。喉頭がん、肺がん、肝がん、腎がんなどの検査に使用されます。

CT検査詳細

MR検査

頭部や骨盤部を得意とします。頭部の検査においては脳腫瘍や脳萎縮、脳梗塞などの早期発見に役立ち、骨盤部では子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどを詳細に検査できます。

MR検査詳細

マンモグラフィー検査

乳がんの早期発見に効果的な検査です。乳房専用のX線撮影装置を使用し、触診では見落とされがちな乳房内部の「がん」を発見できます。

マンモグラフィー検査詳細


LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック