テロメスキャン(血中浮遊がん細胞検査)


LINE

受入を休止しておりすテロメスキャン(CTC検査)でございますが
現在、再開の目処は立っておりません。ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありません。

本当に怖いのは見えないがん細胞 『血中循環がん細胞(CTC)』

テロメスキャン(血中浮遊がん細胞検査)とは
がん細胞はがんの進行に伴い,血流にのって様々な臓器に転移していきます。
血中循環がん細胞(CTC: Circulating Tumor Cell)と呼ばれる細胞が,この転移のしくみに深く関与していると言われております。

MRI,CT,PETでは発見することが困難な5ミリ以下の小さながんがある場合でも,血液中には既にCTCが浮遊していると言われております。CTC検査はこの血液中に漏れ出した微量ながん細胞を検出する検査であり,米国ではすでに乳がん,前立腺がん,大腸がんの予後をモニタリングする検査として幅広く利用されております。

写真:CTC検査で検出されたがん細胞(矢印)

CTC検査のメリット

1. CTC検査はMRI, CT, PETで検出できない小さながんを検出することが可能です。腫瘍マーカー検査や画像検査と組み合わせることによって患者様に対して,より幅広い治療の選択肢を提供することができます。

2. 採血のみで検査できますので,放射線被曝の心配がありません。定期的に検査いただけます。

当院で実施するCTC検査(テロメスキャンF35)について

がん細胞のほとんどはテロメラーゼ活性陽性とされています。このがん細胞の特徴を利用し,テロメラーゼ活性のあるがん細胞だけで蛍光発色する遺伝子改変型アデノウイルスを使用し,CTC検出を行います。

採取した血液は溶血処理,白血球画分を採取した後,24時間かけて遺伝子改変型アデノウイルスに感染させます。その後,各種マーカーにて免疫染色を行い,蛍光顕微鏡下でCTCの検出,観察を行います。

テロメスキャンF35の特徴

テロメスキャンF35検査は,CTC検査の中でも従来の方法では検出できない生きたCTCを高感度に検出するシステムです。血中に漏れだした微量なCTCを見つけることでがんを早期に発見し,治療効果のモニタリング,再発のモニタリングに役立てることができます。


LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック