各種医療費制度について

LINE

医療費控除について

当クリニックでの治療は、
医療費控除の適応となります。

医療費控除とは?

自分や家族のために医療費や、治療に掛かった費用を支払った場合、医療費の負担を軽減するため一定の金額の所得控除が受けられる制度です。生計を一にする家族全員の医療費を、1年間(1月1日から12月31日まで)に合計で10万円(年収200万円以下の場合は所得の5%)以上負担した場合、翌年に確定申告すると所得税の一部が還付または軽減されます。

詳しくは国税庁のホームページをご覧下さい

どれくらい控除されるの?

1年間に支払った
医療費の総額

保険金等で
補填される金額

10万円
(年収200万円以下の場合は所得の5%)

医療費控除額
(上限200万円)

1月1日から12月31日まで生計を一にする家族全員に掛かった医療費の総額

生命保険、健康保険などで支給される金額

200万円を超える場合は200万円が医療費控除額

医療費控除の対象となる医療費は?

・病院に支払った診療費、治療費
・治療の為に購入した医薬品費、医療用器具費
・通院の為に使用した交通費
・その他

医療費控除を受けるには

確定申告の手続きが必要になります。
医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出します。申告はその年の翌年の1月1日から5年間です。年末調整で適用を受けることは出来ませんのでご注意ください。
確定申告にはその年に支払った領収証の添付が必要となりますので、領収証は大切に保管してください。


先進医療について

当クリニックでの治療は、
先進医療の適応外となり、全額自費負担となります。
※「先進医療対応型」の生命保険・がん保険も適応外となります。

先進医療とは?

健康保険の診療で認められている一般の医療の水準を超えた最新の医療技術の中で、厚生労働大臣から承認され、保険診療との併用(混合診療)が認められた医療行為を「先進医療」と言います。

通常、保険診療が適用されない先進的な療養を受けると、一般の保険診療が適用される部分も含めて、医療費の全額が自己負担となります。

しかし、「先進医療」として認められた療養に関しては、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)については、一般の保険診療と同様に公的医療保険が適用され、先進医療にかかわる費用は全額自己負担となるといった、「保険診療」と「保険外診療」の併用が認められています。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧下さい

当クリニックにおける先進医療の適応について

当クリニックにおいて実施している「活性化自己リンパ球療法」は、国が定める先進医療と同一技術であり、技術・実績において基準を満たすものです。

しかしながら、先進医療の適応となるには、さらに国が定めた指定病院で実施する必要があります。
この指定病院は、現時点では
① 当直体制が整備されていること。
② 緊急手術体制が整備されていること。
③ 二十四時間院内検査を実施する体制が整備されていること。
などの、国が定める厳しい基準(上記は一部抜粋)を満たせる大型の病院に限られているのが現状です。

よって、残念ながら現在は、当クリニックで治療をお受けになられた場合では、
先進医療の適応外となり、全額自費負担となります
また、「先進医療対応型」の生命保険・がん保険も適応外となります


高額療養費制度について

当クリニックでの治療は、
高額療養費制度の適応外となり、全額自費負担となります。

高額療養費制度とは?

公的医療保険における制度の一つで保険が適応される医療費において、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧下さい

当クリニックにおける制度の適応について

保険が適用されない自由診療における医療費は、高額療養費制度の適用外になります。活性化自己リンパ球療法は自由診療となっておりますので、残念ながら現在は、当クリニックで治療をお受けになられた場合では、高額療養費制度の適応外となり、全額自費負担となります


LINE

免疫療法に関するお問い合わせ・資料請求・ご予約はこちらから

がん治療を行う皆様の不安を少しでも解消できればと思っています。お気軽にお問い合わせください。

活性化リンパ球療法によるがん治療
白山通りクリニック