抗がん剤は効くのか

抗がん剤は効くのか効かないのか
-抗がん剤関連の書籍を読む-

LINE

最近、抗がん剤に関するいくつかの著作が立て続けに出版されています。既存の書籍とも併せ、書籍店の家庭医学のコーナーの大きな部分を占めています。
「抗がん剤は効かない」の横に「使い方次第で抗がん剤は効く」という本が並べられているなど、患者様サイドからすれば何を信じれば良いのかしら・・と言ったところではないでしょうか?

抗がん剤と聞いて想像するもの、それは何と言っても副作用だと思います。当院に来院される患者様の大多数も然り、副作用ゆえに嫌われ者で、ある程度抗がん剤が効いていたとしても「抗がん剤が好き」とか「抗がん剤治療が待ち遠しい」という患者様はついぞ拝見したことがありません。
でも、これまで医学生時代、また医師になってからも最近のがん治療についての教育を受けて来た身としては、抗がん剤はがんに対峙するにおいて、有力なツールであることには変わりないと考えています。当院の患者様でもごく稀に抗がん剤の使用を拒否していたり、臓器障害等の理由で使えなかったりする方がおられますが、そのような方で「ここで抗がん剤が使えれば」と思うことは少なからずあります。HPや資料にも記載のとおり、活性化自己リンパ球療法は抗がん剤にない利点を多く持った治療ですが、例えば目に見える癌が急速に大きくなっている時などは抗がん剤の手を借りた方が良い、あるいは借りなければいけない場面はあるのです。
でも嫌なのは副作用・・自覚的(明確な症状があるもの)、あるいは他覚的(肝機能異常など、自覚には上らないが発生するもの)なものをあわせ、大変辛いものが多いですね。出来るだけ副作用が出ないように、出来るだけ効果的に使ってほしいと誰もが思うはずです。
活性化自己リンパ球療法には抗がん剤などの副作用を軽減する働きがありますが、抗がん剤を投与する側にも、出来るだけ効果的で、副作用の少ない投与方法を期待したいです。

最後に、癌関係の複数の書籍の信頼性を短時間で判断する場合は、理論も大事ですが、患者さんの描写に最も注目して読まれることをお勧めします。文章の上手下手(医者の文章は通常下手です)ではなく、そこに描写された患者さん達、その著者にとって「良い」患者さんも「悪い」患者さんも、彼らの様子が読み手の頭の中に鮮やかにイメージでき共感できる書籍が信頼できる本ではないか、と個人的に考えています。

免疫療法について

×このページを閉じる

LINE